2017年3月21日火曜日

第310回経営者モーニングセミナー(講師:大久保正剛氏)

平成29年3月16日木曜日 6時30分~

講師:大久保正剛氏(川崎市南倫理法人会 ハッピーライフ研究所所長)
テーマ:潜在意識と倫理の教え


今回のモーニングセミナーは、お隣の川崎市南倫理法人会の会長でハッピーライフ研究所所長の大久保正剛さんの講話でした。大久保正剛さんの川崎市北での講話は、6回目となります。



テーマは、潜在意識と倫理の教えです。
大久保さんは、万人幸福の栞を解説しながら、潜在意識と倫理の教えをわかりやすく解説されました。

人間には顕在意識と潜在意識があり、願いを考えるのは顕在意識であり、実現するのは潜在意識だそうです。
そして、潜在意識は、言葉とイメージを命令と受け取るが善悪の判断ができないと。
悔やむとそれが実現してしまうのは、失敗のイメージが命令として受け取ってしまうからです。

とある運送会社を実例でお話しされました。社長から社員に「事故を起こすな」といつも声をかけていたら、事故は減ることなく、逆に増えている状況だったそうです。そこで、「安全運転をしましょう」と声掛けの仕方を変えたら、事故が激減したそうです。

社員には、失敗するなとか緊張するなという言葉ではなく、「できるかもしれない」といった声掛けがよいとのこと。



本日の参加者は30社33名でした。大久保さんのファンの方も多く、他単会からもご参加いただきました。

次回のモーニングセミナーは3月23日木曜日です。千葉県千原倫理法人会の専任幹事である吉田平氏により、「創業者との違い、二代目・三代目経営者は何が必要か」をお送りします。

2017年3月10日金曜日

第309回経営者モーニングセミナー(講師:坂上譲二氏)

第309回経営者モーニングセミナー(講師:坂上譲二氏)
平成29年3月9日木曜日 6時30分~
講師:坂上譲二氏(元財団法人全日本ろうあ連盟 理事)
テーマ:「ろう」という名の私の人生

すっかり春が近づいてきている今日この頃です。
先週は、休会のため、2週間ぶりで3月に入り初めてのモーニングセミナーとなりました。
今回の講話は、神奈川県内の倫理法人会で初の試みであり、全国の倫理法人会で初の試みかもしれない、聴覚障害者である坂上譲二さんの講話でした。



坂上さんは、講話の際、手話と同時にお話をされます。(大変な訓練で声を出せるようになられたとのこと)
聴覚障害はわかりづらい障害であり、軽い障害と見られがちだそうです。
話ができる姿をみると聞こえているのではと思われることも。
(実際、坂上さんと初見で名刺交換した際、ご自身のお名前を言われるのでこちらも勘違いし話かけてしまいました)

ろう学校での生活を経て、社会に出た坂上さんは、プロのサラリーマンとして会社に貢献することを目指し働いている環境を会社と交渉されました。会議の時には手話通訳を呼んでもらい、取引先とのやり取りでは専用のFAXを用意してもらうなど環境を整えられました。
「権利の保障は義務と責任を生じる」という考えのもと会社のために一生懸命働かれました。坂上さんは、いろいろな職業を経験され聴覚障害者の職域開拓をされたそうです。

そんな坂上さんは、聴覚障害者をはじめハンディキャップのある方が暮らしやすくなる社会環境の構築のため、活動されています。
法整備というもの頼るのではなく、日本は、日本人の思いやりがあり、きっとそんな思いやりでより良い社会環境になるのではと期待されています。コミュニケーションの壁は厚くなく、相手の立場に立つことにより、その壁は薄くなると。

講話を終え、私たちも坂上さんがお話しをできる機会を増やすことにお役に立てればと思いました。是非、他の単会でもモーニングセミナーの講話される機会を期待しています。
(早速、川崎市南のモーニングセミナーで講話されることになりました)



参加者は30社31名でした。

次回のモーニングセミナーは3月16日木曜日です。川崎市南法人会会長の大久保正剛氏による「潜在意識と倫理の教え」です。奮ってのご参加をお待ちしております。


2017年2月24日金曜日

第308回経営者モーニングセミナー(講師:吉山和實氏)

平成29年2月23日木曜日 6時30分~
講師:吉山和實氏

  (横浜市倫理法人会会員 アンカーハウジング(株)代表取締役社長)
テーマ:奇跡を呼ぶメカニズム


2月最後のモーニングセミナーでした。
春が近づいているような強い風の日にもかかわらず、20社21名の方の参加でした。



今回は、世界標準の住環境創造を掲げられて企業活動されている吉山さんを講師にお招きしました。

吉山さんは、子供のころから、即行動に移されてきました。思い立ったら英語もしゃべれないにもかかわらず渡米。そして、アメリカで建築の勉強をされ資格を取られたり、ロサンゼルスで建築会社を設立されたり・・・・

そんな吉山さんは、世界的に著名なピータードラッカー氏の著書を読み、コンタクトを試みたそうです。当時は、超有名で会うのが不可能と思われる試みでしたが、たまたま電話が通じ、そして面会することも叶い、それだけでなく一緒に食事をされたそうです。

その後、日本に戻っても同じような経験をされました。

イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏の著書を読んだのち、偶然にも知人より鍵山さんとシリア旅行に行くのだが、一緒に行かないかとお誘いをうけ、旅行に参加。
しばらくしてご自身が会社経営について悩んでいる折、新幹線に乗っていると、何と奇跡的にも鍵山さんが隣の席に。そこで、悩みを話すと、鍵山さんの一刀両断のアドバイスをいただいたそうです。鍵山さんは、その日予定より1時間早い新幹線にのり、再会でした。鍵山さん曰く、「吉田さんの念が強く、私を動かした」とのこと。

その他にも王貞治さんとも同じような経験をされたとのこと。

吉山さん曰く、即実行すること、感動することで、波動が生じ、その波動で奇跡を引き寄せることができると。

出会いをチャンスとしていかにとらえるかの実践されている内容でした。まさしく、「チャンスは前髪にしかない」ですね。



3月1日は休会です
次回のモーニングセミナーは、3月9日木曜日、講師に坂上譲二氏をお招きし、「ろう」という名の私の人生をテーマに開催します。場所は、武蔵小杉駅近くのホテル精養軒です。奮ってのご参加をお待ちしております。

2017年2月17日金曜日

第307回経営者モーニングセミナー(講師:石井和則氏)

平成29年2月16日(木)6時30分~
講師: 石井和則氏 神奈川県倫理法人会普及拡大委員長

   (学)平成学園原幼稚園理事長・園長

テーマ:活力朝礼で人材教育


今回のモーニングセミナーは、神奈川県普及拡大委員長の石井和則さんの講話でした。



幼児教育は、人間形成の上でもっとも大きな影響がある自由な時期の教育であり、石井さんの園では、挨拶・ハイという返事・履物を揃える・立腰・食育などの態度教育を導入されています。

そんな重要な幼児教育を担うには、職員の方のモチベーションを高め明るい雰囲気の職場づくりが必要であると考え、活力朝礼を取り入れられています。人間力を高める人材教育に力を入れられています。

そんな幼稚園での活力朝礼の様子をスクリーンで見ながら講演していただきました。

幼稚園児が元気よく挨拶している姿、教室に入る時の様子をはじめ、20人近くの職員の方が元気よく、「職場の教養」を読みあげたり、ペアになって理念のディスカッションを行ったり・・本当に明るい幼稚園の様子が手に取るようにわかりました。

倫理と出会い、態度教育と活力朝礼を導入することを決断し、自らの実践で幼稚園がすごく変わったそうです。

現在も凡事徹底・終始一貫を掲げ、実践されているとのこと。



本日の参加者は26社27名でした。

次回の第308回のモーニングセミナーは、2月23日(木)6時30分~からです。
講師には、横浜市倫理法人会会員でアンカーハウジング株式会社 代表取締役社長の吉山和實氏をお招きし、「奇跡を呼ぶメカニズム」でご講話いただきます。会場は、武蔵小杉杉駅そばのホテル精養軒で開催します。是非ご参加ください。


2017年2月16日木曜日

第306回経営者モーニングセミナー(講師:飯田一生氏)

平成29年2月9日(木)6時30分~

講師:飯田一生氏(一社)倫理研究所 法人局普及事業部首都圏方面担当研究員

テーマ:空気を変える

2月9日のモーニングセミナーは、倫理研究所の飯田一生氏が講師で「空気を変える」でした。



テーマに入る前、本日の栞輪読「苦難福門」を掘り下げてのお話でした。
〇苦難の受け止め方が大事。
〇苦難に向かい合う際には過去の苦難を振り返り、実践する。
〇苦難は自分にとってステップアップする新たなる課題。

本編では、空気を変えるでは、具体的な事例をもとにわりやすく説明していただきました。
〇空気を変えるには、場所、場面を変える。
〇空気は刻々と変化する。
〇自分が冷静なることが必要。
〇自分が変わらなければならない。心と体が一致する。
などでした。



参加者は、16社16名でした。


第305回モーニングセミナー(講師:守末紀生氏)

日時:平成29年2月2日木曜日
講師:宮城県倫理法人会 会長 守末紀生氏
テーマ:「心ひとつに」

知っている方が多くて、親近感を覚える、というご発言よりスタート。

震災の日からの厳しい現実。
「倫理法人会に助けられた」
3月16日、決意と覚悟を決めた。
「会社は絶対につぶさない」「社員の生活は絶対守る」と。

多くの励ましに言葉の力・温かさを心底感じた。
被災地への美容訪問を開始。
社員の結束が生まれた。苦難により「絆」が強く結ばれた。

復旧しただけではもったいない。
生き方を変えよう!
「利他の精神=世のため、人のため」に働こう!
ボランティア移動美容室を始めた。
熊本地震にも行った。スタッフから「行くんでしょ」と言われた。

テーマの「心ひとつに」を感じた講話でした。



本日の参加者 24社25名でした。

2017年1月31日火曜日

第304回モーニングセミナー(講師:岡庭武利氏)

日時:平成29年1月26日(木)
講師:(一社)倫理研究所 法人アドバイザー 岡庭武利氏
テーマ:繁栄の法則~自利とは利他をいう~


1月最後のモーニングセミナーには、
(一社)倫理研究所 法人アドバイザーの岡庭武利氏をお迎えし、「繁栄の法則~自利とは利他をいう~」をテーマでの講話でした。

岡庭さんは、平成26年12月にも講師に来ていただいており、2回目の講話となりました。

講演の要旨は以下の通りです。

日本は人口減少社会に突入し、お客さんが減り市場のパイが減る環境において、企業の存続は、環境に適応する経営が必要である。ゴールの無いマラソンであり手を打ち続けなければ
ならない、環境適応業であると。

経営には変えてならないものと変えねばならないものがある。
使命、志、経営理念、方針の実践を変えてはならず、古い価値観や成功体験、ノウハウやテクニックなどは変えねばならないもの。

利他の精神
人のために終始一貫実践し続けることが大事。
本当に自分の利益、事理とは利他をいい、利他とは他の利益をはかること。徹底して他の為につくすことが、そのまま自分の利益となる。利他に徹する経営は無限に発展する。



参加者は、19社19名でした。

2月最初のモーニングセミナーは、2月2日(木)6時30分~ 宮城県倫理法人会会長で守末学園仙台ヘアメイク専門学校理事長兼校長の守末紀生氏による「心ひとつに」です。武蔵小杉駅そばのホテル精養軒で開催します。是非ご参加ください。