2016年12月5日月曜日

第296回モーニングセミナー (講師:岩間博幸氏/帶川智弘氏)

日時:平成28年12月1日木曜日
講師:川崎市北倫理法人会専任幹事 岩間博幸氏「美容 もともと持っているもの」
     川崎市北倫理法人会幹事    帶川智弘氏「4つの転機」


12月の師走に突入しました。いささか、気忙しくなってきた感じですが、300回のモーニングセミナーという節目にむけて、益々パワーアップしています。

今回のモーニングセミナーは、好評だった当会2名による講演形式の第2弾です。

1人目は、岩間博幸専任幹事です。



岩間さんは、現在、戸塚で父親の美容院で美容師として活躍されています。倫理には、お父さんに昔から連れていかれていたが、若い頃は中々入ってこなかったが、今はスーッと入ってくるようになった。
鎌田会長と出会いがユニバーサル就労を考えるきっかけに。
聴覚障害者へのアプローチの重要性に気が付き、美容院で手話教室を開いたり、よろこんで働ける環境をつくったり、いろんな事に目を向けることが重要であると感じていると講演。

2人目は、帶川智弘幹事です。


帶川さんは、大学では体育会系のスキューバーに熱中。卒業後、スキューバーの経験を活かした仕事などを経て、33歳の時に独立。現在は、パソコンのサポート事業を展開されています。
以前、従業員のミスによって事業が縮小する状況になった際、振り返ると自社の診断ができてないことに気づき、様々な交流会に参加したが、物足りなさを感じていた。倫理法人会に出会い参加。倫理では、人としての道を学ぶことや先輩方の失敗の経験を聞くことができるなど、とても有意義な会であると実感したと講演。

帶川さんは県の青年委員会委員長、岩間さんは同じく県青年委員会の副委員長として、活躍を期待されています!若手のホープらしい講演内容でした!



本日の参加者は27社27名でした。


次週(12月8日)のモーニングセミナーは、(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 清水良朗氏による「40分1本勝負 創業者VS後継者」です。
朝6時30分より、武蔵小杉駅より徒歩5分のホテル精養軒で開催いたします。終了後には、朝食会も予定しています。是非、ご参加ください。


2016年11月25日金曜日

第295回モーニングセミナー (講師:関伸司氏)

日時:平成28年11月24日木曜日
講師:神奈川県倫理法人会会長/(株)葉山クリエイト代表取締役 関伸司氏
テーマ:「人生は神の演劇」


54年ぶりの雪が降る11月24日のモーニングセミナーは、(株)葉山クリエイトの代表取締役で、神奈川県倫理法人会の関伸司会長の講話でした。

鎌田会長より、当会の会長代行に先ほど就任された鈴木克明さん(写真のたなか)が写真師として、栄えある「かわさきマイスター」に認定されたことを報告。会員一同よりお祝いするとともに、当会よりささやかなお祝いを授与いたしました。鈴木さん、おめでとうございます!

関会長は、昨年度会長に就任、今期2年目に入りました。精力的に県内を回られています。そんな、関会長の講話は川崎北では、昨年に引き続き、2回目となります。関会長は、昨年の講話の際に、ゲスト参加され入会された鈴木さんとご縁を感じられていました。



今回の講話では、
〇二宮尊徳翁の「芋こじ」を例えに、芋と芋を擦り合わせ、きれいにするのと同じく、人と人が時にはぶつかったり、交わったりすることで、いろいろ学ぶことがある。
〇会社が多くなっても充実感がないと感じたときに、栞の13条に出会う。本を忘れず、末を乱さず。
〇17条それぞれを自分がどれくらいできているか、円グラフレーダーチャートをつけてみると自分の状況がわかる。

最後に関会長は、「必笑」神奈川県2000社必達を掲げているが、各単会は各単会の目標設定をクリアすることに頑張ってほしい。県は県で2単会設立をし、クリアすると力強く説明されました。
我々も単会目標の100社を目指し、普及拡大を取り組まなければと決意したモーニングセミナーでした。



本日の参加者は19社19名でした。雪の降る中、ご参加有難うございます。


次週(12月1日)のモーニングセミナーは、川崎市北倫理法人会会員2名による講話シリーズの第2弾となります。
一人目は、専任幹事の岩間博幸氏による「美容 もともと持っているもの」です。
二人目は、幹事の帶川智弘氏による「4つの転機」です。
朝6時30分より、武蔵小杉駅より徒歩5分のホテル精養軒で開催いたします。終了後には、朝食会も予定しています。是非、ご参加ください。

2016年11月18日金曜日

第294回モーニングセミナー (講師:増田彰司氏)

日時:平成28年11月17日木曜日
講師:(一社)倫理研究所 法人局 参事 法人アドバイザー 増田彰司氏
テーマ:「継続は力なり」


増田氏の倫理との出会いは滝口長太郎氏のこの言葉
「勉強しているかね。週1回勉強しないとおいて行かれるぞ」
おぜん立てが出来たうえでの会長就任、出会いの素晴らしさがここにはある。
お役を受けたら「喜んでする」ことが大事。
「明るい家庭の17箇条」「雑巾の気持ち17箇条」「チャンス心得17箇条」を聞かせていただいた。

墓参りに毎月お参りに行き、ご先祖様に一ヶ月の報告をされているという。

「あいさつとそうじのできない社員は退職します」
そう宣言させて入社させる。覚悟して入社してもらうと違う。
「しごと」にはいろいろな「しごと」がある。「始事」「思事」「姿事」「支事」「致事」「志事」・・・いろいろな「しごと」を紹介していただいた。


次週の11月24日の三―ニングセミナーは、神奈川県倫理法人会会長で(株)葉山クリエイト 代表取締役 関 伸司氏を講師にお招きし、「人生は神の演劇」でお話しいただきます。奮ってのご参加をお待ちしております。 



2016年11月13日日曜日

第293回モーニングセミナー (講師:菅野弘達氏)

日時:平成28年11月10日木曜日
講師:豊島区倫理法人会幹事 

(株)ソーシャルメディアマーケティング 代表取締役 菅野弘達氏

テーマ:「スマホ時代の倫理実践」


11月に入り、めっきり寒くなりました。先週は、休会の為、11月に入ってはじめてのモーニングセミナーでした。

今回の講師は、豊島区倫理法人会幹事 菅野弘達氏でした。テーマは、スマホ時代の倫理実践でした。



丸山敏雄先生が、亡くなる直前、著書で「飛行機時代の実践」というものを書かれた。時代に即した実践行動を丸山先生が唱えられている。今のスマホ時代に丸山先生が生きておられたらを仮定しての講演でした、

ソーシャルメディアを倫理に活用するという面白い内容でした。
「全一統体」ひとつながりの世界を生きるという倫理をソーシャルメディア(SNS)で活用する。SNSの世界では、弱い絆で繋がる世界がある。時には、まったく見知らぬ協力者が現れて、夢や目標の常識をはるかに超えた展開で奇跡が起こることもあるのでスマホを活用することが倫理の実践につながる。




参加者は、2828名でした。

次週、1117日(木)のモーニングセミナーは、倫理研究所 法人アドバイザー 増田所彰司氏による「継続は力なり」です。630分から武蔵小杉駅近くのホテル精養軒です。是非、ご参加ください!!

2016年10月21日金曜日

第291回モーニングセミナー (講師:岩倉春長氏)

日時:平成281020日木曜日講師:川崎市北倫理法人会 会員 ()スズコ― 代表取締役 岩倉春長氏テーマ:「直観だけで生きた人生~知らずして倫理を実践~」

今週のモーニングセミナー前の役員朝礼は、先週の記録を塗り替え、17名の参加者で開催しました。
300回を目前に、川崎市北は、盛り上がっています。



今回は、当会会員の岩倉さんが講師でした。


岩倉さんは、富山県氷見市生まれで、9歳の時、事業をやられていた父親が亡くなられ、幼い頃、苦労されました。
(日頃の岩倉さんは、温和な笑顔が印象的で、そんな苦労をされたことなど微塵も感じることがなく驚きました)
若い頃は、いろんなことに挑戦。29歳の時、会社勤めを辞め、1年間仕事探しで自分のやりたことを探したいと奥さんに伝えると、奥さんも理解を示し、応援。
(すごい奥さんですね!)
そんな中、リフォームの手伝いをしたとき、お客様に大変喜ばれ、自分が探していたことはこれだと。それ以来、家づくりの仕事に奔走。
岩倉さんは、お客様の為の家を考え、「住む人が健康になる家づくり」に取り組まれていますが、岩倉さんは、困っている方に正しい道を伝えることがとても大切であると強く訴えられました。

あっという間に講話の時間が過ぎ、話が尽きず、続きをお聞きしたい講話でした。



参加者は、29社30名でした。

次週、10月27日(木)のモーニングセミナーは、倫理研究所 法人アドバイザー 佐藤光央氏による「継続は力、私の実践」です。6時30分から武蔵小杉駅近くのホテル精養軒です。是非、ご参加ください!!

2016年10月14日金曜日

第290回モーニングセミナー (講師:鈴木登志子氏)

日時:平成28年10月13日木曜日
講師:横浜市倫理法人会 幹事 日本生命保険相互会社 鈴木登志子氏
テーマ:「聴覚障害者の元で産れて…」


今週のモーニングセミナー前の役員朝礼は、川崎市北倫理法人会始まって以来の15名以上という最多参加者で開催しました。

幸先の良いスタートなった、第290回モーニングセミナーは、横浜市倫理法人会の幹事の鈴木登志子さんをお招きしました。鈴木さんは、手話教室の開催や手話を取り入れてくれるショップの普及活動を取り組み、活動を通じ聴覚障害者がもっと多くのサービスを得られ暮らしやすい社会実現を目指されています。



鈴木さんのご両親は、聴覚障害者です。鈴木さんは、3人兄弟の次女として生まれ、健常者である鈴木さんたち子どもは、ご両親から通訳としての役割を求められました。鈴木さん自身、2歳からご両親の通訳をしていました。幼いころからの通訳は、大変苦痛に感じていたとのこと。

聴覚障害者の家庭環境で当たり前と思っていたことが、友人の家庭との違いなどに驚いたりしながらの生活でした。そんな日常で、時には、聴覚障害者への理解がない対応をされることもあったそうです。

父親が亡くなるとき、父親は、子供たちの声や鳥の鳴き声がどんな音などか聞きたかったと。

鈴木さんは、何か自分でできるかとかの想いなどから、ひとつ欠けていることを補い、みんなで欠けていることを補うことを目指し、手話を広めようと活動されています。

弱者に優しい社会が我々健常者にとっても優しい社会であると鈴木さんは、訴えられました。

鈴木さんのお話を聞き、我々も何ができるか考えさせられる講話でした。

参加者は、34社34名でした。

次週、10月20日(木)のモーニングセミナーは、当会会員の岩倉春長氏による「直観だけで生きた人生~知らずして倫理を実践~」です。6時30分から武蔵小杉駅近くのホテル精養軒です。是非、ご参加ください!!

2016年10月7日金曜日

第289回モーニングセミナー 講師:五十嵐由人氏

日時:平成28年10月6日木曜日

講師:湯島倫理法人会会長 (株)日本健康増進協会取締役副社長 五十嵐由人氏

テーマ:「倫理を実践するとなぜ幸せになれるのか?~天国と地獄を見た男の哲学~」


昨日の台風の影響の悪天候から台風一過のすがすがしい朝、10月の最初のモーニングセミナーが行われました。
モーニングセミナー会場も広くなり、雰囲気も一変。

今回の講師は、川崎市北倫理法人会では、2回目の講話となる五十嵐由人さんでした。


五十嵐さんは、ディスカウントショップを操業経営し、年商売上4000億円を果たされました。しかし、過大投資により会社は民事再生。個人財産放棄という、まさしく天国と地獄を経験されています。
そんな五十嵐さんが発する言葉は、どれも経験から基づいたものですので、説得力はとてもありました。

〇仕事は、好きじゃないとダメ→本気になる→楽しまなければならない→自分の足で動く(他人に動かせられるとダメ)
〇なりきらないとダメ→心をこめる
〇天とつながること。
〇人生は苦難福門 やりがいえがあると思えば乗り越えられる
〇倫理の普及→幸せの拡大のため
〇人間の成功≠事業の成功

など・・・
あっという間の40分。3回目の講話を期待してしまいます。



今回、湯島倫理法人会から多くの参加有難うございました。
参加者は、36社36名でした。

次週のモーニングセミナーは、10月13日、横浜市倫理法人会幹事の鈴木登志子氏を講師に迎え、テーマに「聴覚障害者の元で産まれて・・」です。 6時30分から武蔵小杉駅近くのホテル精養軒です。是非、ご参加ください!!